スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨のフルーツソースと帆立貝のサフランソース

今日は、お歳暮?だかなんだかよくわからないのですが、鴨のローストが届いたので久しぶりに少し凝ったものを作ってみました。


帆立貝のサフランソース

DSC00537_convert_20100729071511.jpg


材料      4人分
帆立貝(中)  16個
パプリカ(赤) 1/4個
ピーマン    1個
オリーブオイル 少々
サフラン    少々
白ワイン    50cc
塩・こしょう  少々

作り方
オリーブオイルを熱し、帆立をいれて片面だけ強火でさっと焼く。
一度帆立を取り出し、少しオリーブオイルを足してからピーマンとパプリカを食感が残る程度に軽く炒める。
白ワインを加え、アルコールを飛ばしてから火を弱火にし、サフランを加えて色を出す。
色が出たら取り出した帆立を戻し、軽く絡めて、塩・コショウで味を整える。
帆立に火が通りすぎないように、早めにお皿に盛りつけて完成。(パセリやレモングラスなどの香草を盛りつけると見た目も良い)


鴨のロースト・フルーツソース添え
+ジャガイモとアボカドのマッシュ・マスタード風味



DSC00538_convert_20100729071536.jpg

鴨は頂き物を切っただけ、マッシュはジャガイモを茹でてアボカドと合わせてつぶし、粒マスタードと刻みパセリを加えて塩・こしょうしたもの。
フルーツソースは・・・作り方が面倒なので今回は省きますw
ソースの苦みと旨味、フルーツの酸味と甘味がバランスが良い一品です。

今回は時間がなかったので、2品で終わり。
帆立貝の方はサフランさえ手に入れば簡単に作れるものなので、よかったらどうぞ。
ただ、半生でもいけるよう冷凍でもいいので刺身用を使った方が良いと思います。
私も冷凍物を使いました。


~おまけ~

旨味成分には様々なものがあります。
今日はその代表的なものを紹介。

昆布・・・グルタミン酸
かつお節・・・イノシン酸
貝類・・・コハク酸
しいたけ・・・グアニル酸

こんなところでしょうか。
ちなみに味の素の主成分はグルタミン酸ナトリウムですが、他にも相性の良いイノシン酸も加えられているらしいです。
昆布とかつお節の混合出汁って感じですね。
このグルタミン酸ナトリウム、ちょっと面白い名前の病気と関係があるとかないとか。
その名も「中華料理店症候群」
簡単に言ってしまうと、旨味調味料を使ったお店の中華料理を食べたことで、ある種の症状が出たというものなんですが・・・もう少しまともなネーミングはないものでしょうかねw
まあ、旨味調味料を何かに溶かすことなく、顆粒状態で直に口に入れると舌がしびれた様な感じにはなるため、おそらく旨味調味料を入れすぎたことによる過剰摂取が原因ではないかと思うのですが、原因は現在もはっきりしてません。
皆さんも味を濃くしすぎないよう注意してくださいね。
スポンサーサイト
コメント
No title
はじめまして^^

ホタテは苦手なんですが
写真を見たらとてもおいしそうなので
作ってみたいと思います!

どのお料理も
本当においしそうですね*
2010/08/18(水) 16:39 | URL | ゆっき #Xj6lw0lI[ 編集]
ゆっき さん
初めまして^^
返信遅くなってしまいました、ごめんなさい!

>ホタテは苦手なんですが
>写真を見たらとてもおいしそうなので
>作ってみたいと思います!
サフランがちょっと高いですが、とても簡単にできるのでおすすめです。
私は美味しいものを食べることで、苦手なものをなくしてきたので、ゆっきさんも大丈夫だと思いますよ!

>どのお料理も
>本当においしそうですね*
ありがとうございます^^
そう言っていただけると、作りがいが増します!
2010/08/22(日) 01:09 | URL | 禍福 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

禍福は糾える縄の如し

Author:禍福は糾える縄の如し
FC2ブログへようこそ!
私の日常のことや考えたことなどを、なんとなく書いているブログです。
相互リンクも歓迎いたしますので、よかったらコメント残してくださいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。