スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚の角煮

今日はタイトルのものを作ってみました。




豚の角煮


NEC_0027_convert_20090406153105.jpg


私は肉の脂身が苦手で、どうしても角煮みたいな脂の塊があると少し食べて終わっちゃいます。x。
ただ、昔から角煮自体は好きなので、どうにかならないかと色々考えてたんですよ。
そこで、今回はそういう
脂の苦手な人
できればカロリーを控えてサッパリ目に!
という要望に答えるレシピです。



材料               3~4人分

豚肉(5cmほどの角切り)   500~800g
しょうが              薄切り3・4枚
ネギ(青い部分)         5~10cm
干し椎茸(直径3・4cm)     5個
干し椎茸の戻し汁+水     3カップ(600cc)        
ゆで卵               お好み(私は5個)
酢                 100~200cc
調味料
 砂糖               大さじ4(大さじ1=15cc)
 醤油               大さじ5
 みりん              大さじ4
 酒                 1カップ(200cc)
 


作り方

1 豚の角切り肉をフライパンで脂の面を下にして中火で焼く。(焦げにくいフライパンなら焼く用の油はいりません)

2 薄茶色の焦げ目がついたら、別の面を同じようにして6面を焼いていく。

3 焼いている間に鍋にお湯を用意しておき、肉が焼き終わったら沸騰したお湯の中へ。(水の量は肉が隠れるぐらい)

4 肉を入れた鍋にを入れ、落し蓋をしながら弱火でグツグツと40分ほど茹でる。
・この間に干し椎茸を水で戻し、ゆで卵を作っておく。(ゆで卵の硬さは後で調節できるので8分ほどの半熟で作る)

5 茹で上がった豚肉を取り出し、一度水で軽く表面のアクを取る。

6 干し椎茸の戻し汁と水を鍋に入れ、しょうが、ネギ、豚肉を入れ一度煮立たせる。

7 調味料と戻した椎茸を煮立った鍋に入れ弱火から中火で35分グツグツと煮る。

8 煮終わったら、殻を剥いたゆで卵を入れ一晩放置して完成。



干し椎茸の出汁と下茹での時に入れた酢のお陰でとてもサッパリした味になりました。
作り方によっては少し味が薄いかもしれないので、その時は煮詰めてくださいな。
実は今回使った干し椎茸は以前の日記で載せた椎茸です。
生だと少し硬いので、干してみました。
干し椎茸の匂いが苦手な方は昆布を使ってもいいですし、別になくても問題ないですよ~。
トロトロした感じとは少し違う、肉の弾力を残した作り方です。
ゆで卵以外は一晩置いておかなくても美味しく食べられると思います。


手順が少し面倒ですが、調味料は最初から合わせておけば楽なので、時間があるときにでも作ってみてください^^





~おまけ~


今回は調味料のお話。
よく料理する人は知っていると思いますが、みりんには

本みりん と みりん風調味料

の2種類があります。
本みりんは昔からある本来のみりんですが、アルコール度数の問題から酒税がかかり、酒類販売業免許がなければ売ることができませんでした。
そこで、どこでも扱えるようにと作り出されたのがみりん風調味料というわけです。
上記の通り本みりんのアルコール度数は高く14~15%ですが、みりん風調味料のアルコール度数は1%未満に抑えられてます。
値段的にも、みりん風調味料の方が安く手に入れることができます。
現在は規制が少し緩和されて、別の免許があればコンビニなどでも本みりんが扱えるようになっていますね。

ちなみに、みりんの原料は酒と砂糖なので、みりんがない時はその2つを少し多めに入れることで代用は可能です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

禍福は糾える縄の如し

Author:禍福は糾える縄の如し
FC2ブログへようこそ!
私の日常のことや考えたことなどを、なんとなく書いているブログです。
相互リンクも歓迎いたしますので、よかったらコメント残してくださいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。