スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死に至る病

毎週思うんだ、1限から『哲学』って重くないかな・・・って。
どうも、禍福です。
自分で組んだ時間割とはいえ、最初がこれだと流石に疲れるような気がしてます。

さて、かの有名なキルケゴール先生はおっしゃいました。
キリストを信じるものにとっては『死』は『再生』への序曲であり、恐れるものではない。
むしろその『死』こそが最後の希望なのだと。
では『死に至る病』とはなんなのか。
それは『絶望』である。
肉体の『死』は新たな再生への一歩だが、『絶望』は人の精神の消失を意味する。
それから救われるには『絶望』を自覚し、神によって生かされていることを受け入れるのだと。

なるほど・・・。


意味が判りません・・・。


確かにキリスト教においての死と再生の関係はわかります。
言ってることの意味もなんとなく理解できます。
しかし、なんというか・・・。
ぶっ飛んでるな~って感じがしますw
まあ、私の要約の仕方がおかしいからかもしれませんが。
ちなみに、『絶望』と『死に至る病』のベクトルは
『絶望』とは『死に至る病』である
って感じで繋がります。
要約する上で順番が前後しちゃいました。x。


そうそう、昨日髪を切ってきました。
私の髪は硬いので、短く切り過ぎると浮き上がってしまうらしく、調節が難しいとのこと。
もう少し柔らかくならないかな・・・。
スポンサーサイト
コメント
毎週思うんだ、1限から『実験学』って重くないかな・・・って。
なんでって、遅刻ができない…

>そうそう、昨日髪を切ってきました
これでまた、兄貴の男前度がアップするんですよね('A`)
2008/11/28(金) 00:25 | URL | へブ #KKhd1Ueo[ 編集]
1800年代のキリシタンなのに輪廻転生を認めてるってのは変わった方ですね~
『生まれ変わり』を説くことは、戒律でタブーだったと思います。
と、哲学とは別方向からコメントしてみたりw
2008/11/28(金) 20:20 | URL | カイリetc. #LBqw/GqA[ 編集]
私も去年、哲学を人文科目で取っていたのですが、考えれば考えるほどどつぼにハマッていき、テスト中に悶々してました(笑)

最初は、ふーんそっかぁ…とか思ってるんですが、考えたりそれ以上先に進んでいくと、何が言いたいのかとか、そもそも何を言っていたのか、とかわからなくなるんですよねぇ…。

わ、私の頭が足りないだけかもしれませんが…。
2008/11/28(金) 23:10 | URL | 波月きよむ #ZME6p2.g[ 編集]
ヘブ さん

>毎週思うんだ、1限から『実験学』って重くないかな・・・って。
あ~頑張るしかない・・・?

>これでまた、兄貴の男前度がアップするんですよね('A`)
アップしません(A・)
2008/11/29(土) 00:48 | URL | 禍福は糾える縄の如し #-[ 編集]
カイリ さん

>1800年代のキリシタンなのに輪廻転生を認めてるってのは変わった方ですね~
申し訳ありません。
やっぱり書き方が間違ってます・・・。
キリスト教においては、神を信じることで死という絶望(恐怖)から救われるとされます。
しかしそうではなく、絶望と向き合いそれを自覚し・・・
う~ん、説明しようとしてる私が訳判らなくなってきました・・・。
とりあえず、再生と書いたのは輪廻転生を指し示す訳ではなく、死ぬことで神の下へ行き、そこで再び生きるみたいな感じで書いてました。
判りにくくてすみません。x。
2008/11/29(土) 01:10 | URL | 禍福は糾える縄の如し #-[ 編集]
波月きよむ さん

>考えれば考えるほどどつぼにハマッていき
まさにそれです・・・。
一度読むとなんとなく判るような気がするんですよ。
が、再度読むと今度は判っていたはずの部分が判らなくなって・・・。
頭の中で堂々巡りを繰り返して結局何を考えてたのかすら判らなくなるって感じで。x。

ってこれ、きよむさんが書いてることと全く同じですね・・・。
ナカーマ
2008/11/29(土) 01:18 | URL | 禍福は糾える縄の如し #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

禍福は糾える縄の如し

Author:禍福は糾える縄の如し
FC2ブログへようこそ!
私の日常のことや考えたことなどを、なんとなく書いているブログです。
相互リンクも歓迎いたしますので、よかったらコメント残してくださいね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。